サービスメニュー

HOME > サービスメニュー:防水工事

サービスメニューのカテゴリーを選んでください。

防水工事

防水工事について

防水工事とは、コンクリート建造物の表面に防水処理を行うことで、建物内部へ水の侵入を防ぎます。
主にマンションやビルの屋上、住宅のベランダに施工させていただくことが多いです。当社では、お客様おご要望と、既存の防水工法や屋上の使用状況などを考慮してお客様と建物にとって最適なプランをご提案します。経験豊富なスタッフがあなたの大切な建物を守ります。

建物の屋上は、雨や風、紫外線のダメージを蓄積し続けているため、年月と共に防水機能は徐々に低下していきます。大切な資産である建物の寿命を延ばすには定期的な防水診断と計画的な防水改修工事が必要不可欠です。

一般的な鉄筋コンクリートの建造物は、初期硬化によりわずかなクラックが必ず発生しております。最初はまったく影響ありませんが、年月と共に小さなクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。 症状がひどくなる分、改修コストも上がります。現地調査・お見積りは無料です。少しでも気になる箇所があればお気軽にご相談ください。




防水工事の種類

アスファルト防水工法
アスファルト防水工法とは、防水用シートにアスファルトを含ませコーティングした、シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。ルーフィングを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されます。
熱工法は、アスファルトを高熱で溶融し、シートを複数枚交互に積層します。密着工法と絶縁工法があります。


ウレタン防水工法
防水工事の中でも最もポピュラーな工事であり、最近の改修工事の比率の急増とともにウレタン防水の需要も増えています。その特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応でき、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成でき、定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防水層を紫外線劣化から長期にわたり防ぎます。


塩ビシート防水工法
塩ビシートは仕上がりが美しく、ゴムシート防水に比べ優れた耐久性があり、長期にわたり、防水工事施工時の状態・鮮やかな色彩を保ちます。防水シート間のジョイントは、薬品・もしくは熱で溶かし一体化させる処理を行うので、長期間優れた耐久性を保ちます。


前のページに戻る
ページの先頭へ
外観イメージ.

東島工業 株式会社
〒501-0456
岐阜県本巣郡北方町高屋条里2-93

TEL:058-324-9009
FAX:058-324-9349